横浜市青葉区医師会

 平成24年度より改正された、社会福祉士及び介護福祉士法に基づく介護職員等による喀痰吸引、及び経管栄養を実施することができる介護職員等を養成することを目的として研修を実施します。






 多くの方が病気を抱えても住み慣れた家で療養し、自分らしい生活を続けたいと望んでいます。その為には医療と介護の連携が必要です。安心して、継続的な在宅医療や介護を受けることが出来るように医師会と横浜市で在宅医療支援の為の新たな取り組みを始めました。
訪問診療医の紹介と訪問看護事業所や介護事業所等の介護サービス事業所の紹介、在宅医療・介護に関する相談・お悩み等は青葉区在宅医療連携拠点事業所にお問合せ下さい。
電話:045−910−3120
Hp:
http://zaitakurenkei.aoba-caremap.org/




上記の文字をクリックし、ダウンロード後、印刷してお使いください。
申込書の用紙(pdfファイル)をご覧いただくにはAcrobat Readerが必要です。
パソコンにインストールなされていない方はこちらからReaderをダウンロード(無償)してください。
 




 
 



訪問看護ステーション

訪問介護ステーション 

居宅介護支援事業所

福祉用具事業所

療養通所介護事業所

青葉区在宅医療連携拠点

栄養ケア・ステーション



横浜市青葉区荏田北3−8−6
田園都市線 江田(えだ)駅 2分

車21台(福祉車両2台含む)所有

 
楽天ブログで記事を掲載しています。
こちらから>>
  Facebookにて記事を掲載しています。
こちらから>>

 

〜青葉区医師会が目指す在宅看護〜

 青葉区医師会は、疾病や障害により自分らしい生活を見失ってしまった、又、できなくなってしまった方々が、少しでも自分らしい生活を取り戻していただくために、療養者様のご自宅へ訪問し、生活のお手伝いをさせていただきます。
 私たちは、療養者様の「自分の家で自分らしく暮らしたい、でも家族に負担をかけたくない」と思う気持ちを受け止め、療養されているご本人をはじめ、 介護されているご家族の生活も大切にしながら、医療と介護の両面から援助させていただきます。
 在宅で療養されるすべての方の家に帰りたい、過ごしたいと思う気持ちに添えるよう、地域との連携も大切にしながらサポートしていきます。

平成26年8月に機能強化型訪問看護ステーションの指定を受ける
利用者人数:265 名 ( 平成 28 年 1 月実績 )
延べ件数:1850 件 ( 平成 28 年 1 月実績 )
体制等:24 時間対応体制

 青葉区医師会は、疾病や年齢問わず、小児から高齢者、障害から神経難病、ターミナルと幅広く対応しています。そして、スタッフも療養者様が自宅で笑顔で安心して過ごしていただけるよう心から看護させていただいています。
 24 時間対応で安心して連絡・訪問できる体制を整えています。

こんなことでお困りではありませんか?
施設から退院・退所したばかりで病状が不安定。在宅でやっていけるのか不安。
介護方法がわからない。おむつ・食事をどうしたらいいの?
病気や障害のために入浴ができない。
排便のコントロールって難しい?
在宅での看取りってどうなっているの?
主治医の先生にうまく日頃の状態を伝えられない。
治療の必要はないといわれたけれど、このままでは寝たきりになってしまう。
介護保険以外でも訪問看護は使えるの?
在宅酸素・経管栄養・人工肛門・留置カテーテル・在宅中心静脈栄養・糖尿病自己注射など病院で指導してもらったけれど、この方法でいいのか不安。
そんな、疑問やご心配にお答えします。まずはご連絡下さい。
サテライト新設 平成24年6月5日〜田奈にサテライト(田奈事業所)開設。
緑区方面、町田方面訪問いたします。


お問合せ TEL 045-910-5570
指定事業者番号 1463790003
開所日 平成8年1月25日
従業員 看護師 22名
理学療法士 8名
作業療養士 1名
事務 4名
対応区域 青葉区全域 都筑区・緑区・川崎市の一部
利用者実人数 265名(H28年1月実績)
延べ訪問件数
(1ヶ月)
1850件(H28年1月実績)
体制等 24時間連絡体制
介護保険法、医療保険法、老人保健法
障害者支援法、生活保護法適応
管理者 小玉 美佐子
統括管理者 岩間 慶子
ページトップへ↑
 

 青葉区医師会訪問介護ステーションは、平成24年度に開設いたしました。訪問介護ステーションの特徴は、訪問看護師と連携し、医療依存度の高い方の身体介護が中心の訪問です。
介護職員による喀痰吸引や胃ろう注入などの医療的ケアが実施できる「登録特定行為事業者」です 。
また、自力での入浴が困難な方や 褥創処置 の必要な方等は、看護師との同行訪問により、ご利用者様やご家族様のご負担軽減に考慮した訪問も行っております。
事務所は、訪問看護ステーションと同じフロアーにありますので、常に情報交換や情報共有できることが当事務所の強みになります。
訪問看護同様に安心して笑顔で生活ができるように介護させていただいています。
お問合せ TEL 045-910-2280
指定事業者番号 1473702544
開所日 平成24年6月1日
管理者 大図 由里子
統括管理者 岩間 慶子
 

平成26年に開設し、平成28年2月より田奈居宅介護支援事業所と合併しました。
お問合せ TEL 045-910-5512
指定事業者番号 1473703104
開所日 平成26年7月1日
従業員 専任ケアマネジャー 5名(看護師2名)
事務 1名
対応区域 横浜市青葉区全域
管理者 藤田 和枝
統括管理者 岩間 慶子

ケアプラン作成においての自己負担はありません。
個人情報・プライバシーは厳守します。
お気軽に、お申し込み・御相談下さい。
ページトップへ↑

福祉用具事業所では福祉用具のレンタル・ 販売・管理医療機器販売(衛生材料関係)を行っています。経管栄養のイルリガートル、尿バッグなど1個から販売が出来ます。 またビニール手袋・ガーゼなど一般の方にもご利用いただける商品も取り扱っています。
お問合せ TEL 045-910-0026
指定事業者番号 1473701447
開所日 平成18年1月1日
従業員 専門相談員 2名
管理者 出本 陽
統括管理者 岩間 慶子
ページトップへ↑

〜デイルームはワンフロアーでライトコートから 降り注ぐ柔らかい光が自慢の施設です〜

 療養通所介護事業所は、介護保険適応の医療依存度の高い療養者様から障害者自立支援法による児童発達支援・放課後等デイサービス・生活介護でのご利用ができます。
様々な疾病から障害の方まで利用できる、多機能型事業所です。
年齢層も幅広く、小児から御高齢者まで、同じフロアーで1日過ごしていただきます。
療養通所介護事業所の特徴は、常時看護師が2名おり、発熱(集団感染のおそれがない熱)、痰が多い等の状態変化時にもご利用いただけます。
病状安定や病状悪化を予防し、自宅で安心して過ごして頂けるよう訪問看護師や主治医と連携し対応させていただいています。
呼吸器装置・胃ろう管理・在宅酸素療法・中心静脈栄養等の管理が必要な方も勿論ご利用いただけます。
障害者自立支援法の適用の方は、障害1、2級と愛の手帳A1、A2をお持ちの方になります。
お問合せ TEL 045-910-0026
指定事業者番号 1473701546
開所日 平成18年5月1日
管理者 小玉 美佐子
統括管理者 岩間 慶子


 青葉区医師会では日本栄養士会の協力のもと平成29年4月より栄養ケア・ステーションが立ち上がりました。
かかりつけ医より栄養ケア・ステーションへ依頼いただくことで、栄養管理が必要な患者様に対して管理栄養士が赴き、栄養指導が実施できるようになりました。
また在宅医療にて療養中の患者様へ訪問栄養指導も可能となりました。

お問合せ TEL 045-910-5570

 

ページトップへ↑
★送迎は看護師と介護職が1名ずつで伺います。送迎中の状態変化にも看護師が対応!
サービスは皆様のお宅にお伺いして状態観察→通所事業所到着→入浴・気分転換(散歩・音楽鑑賞・座位訓練・必要な処置・食事)状態観察→ご自宅のベットにお送りしてもう一度状態観察するところまでです。お一人ずつ送迎いたしますので、道路事情やご本人様の状態により時間のずれがあることをご了承下さい。
★入浴
入浴は器械浴になります。こちらにもベットごと移動し、シャワーキャリーに移っての個別入浴になります。浴室の壁面がさびしかったところ、地域の絵画教室「 KiD ' s SUTDIO 」の皆さんがボランティアで壁画を描いてくださいました。お好みの音楽を聞きながら入浴できます。
★処置室完備
トイレなど処置の際には左手後方の処置室にベットのまま移動します。処置室は個室になっており、音やにおいがデイルームに漏れないように工夫されています。

○医療連携体制
まず主治医に連絡、そこで連絡が取れなかった場合、青葉区医師会在宅医療介護保険委員会メンバーに指示を仰ぎ、対応できない場合は青葉さわい病院に緊急搬送、さらに重篤なときは昭和大学藤が丘病院ERへの搬送ということになっています。

○災害時避難方法
ベットごと脱出可能な非常口と避難経路を設けています。
一人一台ベットを押して飛び出し、所定の場所まで利用者さまをお連れし、安全確保をします。施設内には非常警報機・火災報知機・消火器を完備しています。

○食事
残念ながら、私どもには調理施設がございません。経口摂取可能な方は一緒に買い物に行って好みのものを購入、特殊食の場合は配色サービスを利用、お弁当をお持ちになる方もいます。ほとんどの方が胃ろうを設置してらっしゃるのでその方に応じた栄養剤をお持ちいただいています。

○感染症対策
リネン類はすべて毎日交換し、業者でクリーニングをしてもらっています。
タオル類もすべて業者で熱処理洗浄してもらっています。
手洗いのタオルはペーパータオルとし、小まめにスタッフの手指消毒を実施しています。空気清浄機を2台配置し、湿度にも注意を払っています。24時間換気扇完備です。
また吸引器のカテーテルはもちろん、吸引瓶はお一人お一人専用のものを使っていただいております。

○その他
車椅子用トイレ、昇降機なども取り揃えております。
ページトップへ↑
スタッフ募集
当事業所では一緒に働いてくださる方を募集しています。

ページトップへ↑
 


〒225-0011 横浜市青葉区あざみ野2-31-1
Copyright(c) 2007 横浜市青葉区医師会. All Right Reserved